FC2ブログ

【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

慎吾列車ねぷた


10月13日の夜、「夢のキャンバス号」をモデルに制作された「慎吾列車ねぷた」が運行された。4年ぶりの津軽鉄道ねぷた線路上運行。そもそもの始まりは、立佞武多祭りに出陣したねぷたを津軽中里まで運行してきたのもで、古里津軽への想いを乗せた立佞武多のフィナーレを飾る津鉄らしいまつりでした。今回のモデルは太宰君ではなく、昨年から何かとメディアで話題となった「夢のキャンバス号」。もう動けない実車のかわりに「慎吾列車ねぷた」を走らせた。smapの解散から新しい地図へと、昨年から続いた話題もあって、夕方から「慎吾列車ねぷた」の停車駅には、香取慎吾さんファンや沿線の方々が詰めかけ大賑わい。ファンの歓声に迎えられた「慎吾列車ねぷた」は、まるで煌くスター、関わってきた方々の思いが輝いた素晴らしい夜となりました。
2018年10月13日 大沢内~深郷田

PageTop

津軽平野は黄金色


こうべを垂れる稲穂を揺らす風は西から。夏の照りつける日差しは鳴りを潜め、涼風が平野を渡る頃、稲刈りの支度が始まる。自然の恵み、幾度も変わらぬ秋の訪れ、収穫に大忙しな1ヵ月が始まる。
2018年9月川倉~大沢内

PageTop

五穀豊穣


酷暑の夏を乗り越え、中根の谷も稲刈りの時期に。この数年はご縁があって、線路沿いの田んぼにお邪魔している。例年並み出来に安堵の収穫、でも、やはり野菜は大変だったとか、イモはどうなりそうだとか、農作物のいろんな話をしながら稲刈りは進む。手間を掛ければ美味しくなるんだよ、季節と共にある日々の営み。毎年変わらぬ光景に感謝。
2018年9月8日金上~中根

PageTop

夏の名残に


酷暑に豪雨、数々の災害と共に記憶に残るであろう平成30年の夏。例年であれば、お盆に開催される那珂湊の花火大会も、台風に翻弄され1ヶ月延期となった。猛暑の余韻が残るとはいえ、暦の上ではすでに秋。陽が落ちれば海風が肌寒い。盛夏の高揚した雰囲気もなく、それは夏の送り火のようだった。
2018年9月8日那珂湊駅

PageTop

実りの秋へ


猛暑の名残を残しても、お盆を過ぎればどことなく秋めきだす津軽。暑さ寒さも彼岸まで、やがて緑の平野は黄金色に。走れメロス号も黄金色に輝く平野をイメージしたオレンジ色、一生懸命世話をした稲に、お米が実った喜びを実感する季節がやってくる。
2017年 嘉瀬~毘沙門

PageTop