【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

巡る


また春が来て、夏が来て、秋が来て、雪が降って冬が来る。終わらない季節はない。繰り返して歳月は、人生は重なる。また春が来て、また、新しいページが始まる。
2018年2月 秋田内陸縦貫鉄道

PageTop

いつか見た光景へ


生まれ育った街の駅。この街を離れて30年、駅も電車も、街並も生活も随分と変わった、変わらずあるのは富士山だけ。冬になるとよく見える、富士山はこの街で暮す人達の楽しみでもある。あと10年もすれば京王線の連続高架工事で見納めになる光景、母に連れられ見た景色を心に刻んでおこう。
2018年1月京王線千歳烏山駅

PageTop

冬の藍



寒々とした藍が、だんだんと濃くなる北国の夕暮れ。たとえ灰色の空でも、冬の帳はモノクロームではない。しんしんと冷え込むその時は、街の灯りがやたら暖かく、優しく、そして、羨ましく見えてくる。帰る場所があるから人は旅に出る。雪国の蒼い時は、なかなかに感慨深い。
2013年2月 奥羽線弘前駅

PageTop

走り去る者たちへ



車体更新がされてはいるが、その中身は国鉄が設計・製造した交流直流両用特急形485系電車。日本中を走りまわった仲間達も、波動用に僅かな編成が残るだけ。日本中を走り回った特急車両も、L特急の呼称と共に昭和国鉄の残香になったようです。
2015年3月信越本線米山駅

PageTop

冬と闘う



センター試験日は例年強力な寒波が押し寄せ、日本海沿岸部の鉄道は積雪と強風で運休を余儀なくされてしまう。すぐに除雪作業の人員を確保できない鉄道会社の苦悩でもある。吹雪の間を縫って到着した定期列車は既に8時間遅れ。雪まみれの姿に、鉄道員達の闘いを垣間見ることができた。
2012年1月 五能線川部駅

PageTop