【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

播州の鉄路(法華口駅)


北条鉄道は播州鉄道開業当時からの駅舎が現役だ。施設の利用頻度からターミナル駅は近代化されているが、半数の駅舎が未だに開業当時の木造駅舎なのは、驚くべきことだが趣味的には喜ばしいことでもある。
2007年9月 北条鉄道法華口駅 PENTAX K-10 DA16-40mm F4ED

スポンサーサイト

PageTop

播州の鉄路(法華口駅)


大正4年、法華口は播州鉄道の駅として開業。その後、国有化され国鉄北条線、昭和60年に第三セクター鉄道に転換され北条鉄道法華口駅になる。開業時からの木造駅舎は痛みも酷かったが、近年修繕されたのでしばらくは安泰なようだ。一方、「社長の公募」で事業の活性化を図ろうとした北条鉄道だが、結局、加西市市長が社長に就任する元鞘人事に戻り、こちらの思惑は長続きしなかった。
2007年9月 北条鉄道法華口駅 PENTAX K-10 DA★50-135mmF2.8ED

PageTop

播州の鉄路


かつて国鉄加古川線の支線であった北条鉄道北条線。支線は高砂線、三木線、北条線、鍛冶屋線と4路線であったが、三セク鉄道に転換されたのが三木線と北条線、他の路線は廃止された。そして、三セク転換されたものの三木鉄道も既に無く、播州鉄道の記憶を伝承している唯一の鉄路になってしまった。
2007年9月 PENTAX istDS DA16-40mm F4ED

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。