【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かわかぜの夏


小さなDBが牽引する「かわかぜ号」の運転は、2008年が最後になってしまった。大井川鐵道のことなので、何らかのサプライズがきっとあるだろいうと期待していたが、その後、フォトラで本線上に姿を現したが、単独で走行する場面に出会えないでいる。数年しか過ぎていないが、ずいぶん懐かしい光景になってしまった。
2006年7月 大井川鉄道千頭駅 EOS30D EF70-200mm F2.8L

スポンサーサイト

PageTop

かわかぜの夏


オープンデッキのスハフ1型を、ちいさなDBが牽引していた「かわかぜ号」。観光客の眼にはトロッコ列車のように映ったことでしょう。車両の安全基準や人員不足、地方鉄道の憂鬱は楽しい列車から思いでにしてしまうようです。でも、大鐵なら憂鬱を吹飛ばすような列車を、また走らせてくれるかもしれません。
2006年8月 大井川鐡道・井川線 川根両国 EOS30D EF17-40mm f4L

PageTop

かわかぜの夏


夏の観光シーズンになると、DB牽引の「かわかぜ号」が千頭から川根両国駅間を数往復していました。夏休み期間の週末運転とあって子供達にも大人気でしたが、井川線のATS化でDBの本線走行ができなくなり、残念ながら思い出の列車に。オープンデッキのスハフは鬼ごっこに最適とあって、はしゃぎ声が絶えない大鐡らしい列車でした。
2006年8月 大井川鐡道・井川線 千頭駅 Canon EOS-1n EF70-200mm f2.8L RDP

PageTop

奥大井の春



静岡の茶どころ川根。沢間の集落を見下ろす谷間の斜面、猫の額ほどの場所にも茶畑が広がる。奥泉までは集落を繋ぐ井川線だが、生活感のある情景が撮影できる場所は少ない。案内してくれた知人に感謝だ。よく見れば、列車の前、線路を覆うのは桜の木。春の楽しみがまた増えた。
2010年4月 川根両国~沢間 D700 AF-S VR Zoom Nikkor ED70-200mm F2.8G
Special Thanks JUMBOの我楽多写真帳 JUMBOくん

PageTop

奥大井の春



長島ダム建設で新線となった区間は、森林鉄道の軌道とは趣きが異なる高規格路線。立派な軌道に小さな車両、見た目の違和感はかなり大きい。ダム湖を渡る車窓は観光鉄道として一線級だが、撮影となると雄大に風景に、列車の存在が埋没してしてしまう。湖面が西日に煌く頃、早くも下りの最終列車がやって来た。
2010年4月 長島ダム~ひらんだ D300s AF-S VR Zoom Nikkor ED70-200mm F2.8G

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。