【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010雪の国から→2011常春の国へ


この数年、月日が経つのが早く感じる。このままだとあっれ?!という間に還暦か!、と、おののいている。まさに、光陰矢のごとし。諸先輩がよく言われる「早いよ」を実感する年齢に達したのだろう。来年は、ついに人を始めてから半世紀を迎える。まあ、節目と言えばそんな年。別段に気負うことも無いのだけれど、今まで自分がやってきた事を振り返ると、若干、心に虚しい隙間風が吹いている感じ。自分が生れた昭和30年代(ALWAYS 三丁目の夕日を参照のこと)、50歳は分別の付いた凄く立派な大人でありました。いや、大人に見えましたね、えぇ、政治家先生も…。

見た目はオッサンでも中身は違う、そんな印象あったのですが、実感がまったくありません。どうやら薄っぺらのまま人生を重ねる悪寒がしております。まあ、今更ジタバタしても、厚みが増すのは腹回り位ですから。ただ、いくつになっても健康な身体でありたいと願っております。

さて、嬉しいことに、来年は豪雪山岳路線を最後の仕事場にしたキハ52-125が、千葉は上総のいすみ鉄道で再び走り出します。キハ52-125は1965年(昭和40年)製造の46歳、ちょっと後輩ではありますが、鉄道車両は使用環境で消耗具合が違いますので、くたびれ具合から実際のところはご同輩くらいかもしれません。

幾度も通った大糸線から、ホームグラウンドの上総にやって来たことに多少の縁を感じます。まあ、勝手にですけども。いすみ鉄道は車両にとって、さほど厳しい環境ではないので、キハ52-125も余程のことがない限り10年以上は走り続けてくれるでしょう。還暦の歳にいすみ鉄道でキハ52に乗る。そんな楽しみができた2010年の冬でした。

皆さんの2010年は如何でしたでしょうか?
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬお付き合いを、よろしくお願い申し上げます。

では、よいお年を。

2010年12月31日鉄琴線-心鉄zin

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。