【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

マタギの里へ(冬)


拳ほどの雪が降り落ち視界を奪う。町中なのに大粒の雪が大量に降ることに怖さを感じた。駅を出て数分で雪だるま。一晩この雪が降り続ければ、確かにすべて雪に埋れる。厳寒の時期、少ない人数で鉄道運行を維持する。そう、この地に楽な冬などありはしないことはすぐに解る。
2011年1月 阿仁合

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する