【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津鉄冬景


車窓には津軽平野の雪原が続いている。観光の趣が濃くなったとは言え、情緒たっぷりなストーブ列車に揺られ、ゆっくり流れる景色をぼんやり眺めていると、カメラ担いで日本全国を歩き回った記憶が甦る。ほんの数年前までは、歳の取り方なんて考えたことも無かった。時代が代謝するのが見えるような気もする。時間を傍観している感じなのだ。多分、それを時代についていけないと言うのだろう。昔があるから今がある。今を精一杯愛しもう。そう思った。
2012年1月 津軽鉄道ストーブ列車車内

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おばんです。
こういう言葉が心に染みる歳になりました…。過去の事を振り返る事も多くなりました。でもやっぱり今を精一杯ですね。
歳を重ねていくのを楽しんでいくくらいがいいんでしょうかね…

さすらいびと | URL | 2012-02-01(Wed)12:45 [編集]


まいどです。
歳を重ねると言葉の意味が変わるってのが解ってきました(笑)
まあ、ゆとりもないので、いつも精一杯が命題になってしまいますが(泣)何でも楽しむ心構えが吉ですね。

zin | URL | 2012-02-02(Thu)00:31 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。