【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津鉄冬景


寒気が強まり偏西風が戻ると、麗らかな冬は幻のように消えた。ご要望の津軽の冬です。そう言わんばかりに風が吹き荒れ雪が舞う。猛吹雪と地吹雪のコンボは、上から、下から、横から、斜めからと容赦ない。雪原に付けた足跡は振り返ると消えていた。温度計は-9℃。体感温度は更に低く感じる。-10℃耐寒動作保証付きカメラの液晶はもう正しく表示できていない。レンズのオイルは固まり、ズームリングが重い。風と雪の切れ間はあるが、冬山で吹雪かれるのと大差ない。小さな駅の待合室はまるで非難小屋。思わず逃げ込むありがたい存在になった。
2012年2月 川倉駅

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。