【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

過ぎていく冬に


そうやく厳しい季節が過ぎていく。やたら雪が多い冬だった。津軽、ここに来ると、あるがままがとてもイトオシク思えるようになる。そして、ああしよう、とか、こうしよう、とか、余計な事を考えなくなってくる。そこにある山が姿を見せればただ綺麗だと。地吹雪は寒いと。ストーブは温かいと。食べ物はありがたいと。語らいは楽しいと。人はつながって生きているんだと。ただ、ただ、そんなモノが写ればいい。そして思う。また逢いたいと。できれば、できることなら、いつまでもそのままであってほしいと。無理なことと知りつつも、そう願わずにはいられないのです。
2012年3月 津軽飯詰 

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する