【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過ぎていく冬に


周回遅れのトップランナー。失礼な物言いだが津軽鉄道に合っている。冬の観光資源が乏しい奥津軽にあって、情緒あふれるストーブ列車は人気商品だ。厳寒の時期に外を歩くことなく、ストーブで焼いたスルメを肴に酒を呑む。それはもう至れり尽くせりな津軽観光が楽しめる。公共交通機関が鉄道アトラクションになっていくののは些か憤りを感じるのだが、地方鉄道が生残る為に選択の余地はないのが現実。ただストーブ列車が今まで運転されてきた経緯を知るに、もう止めたくとも止められない、いつのまにやら目玉観光列車になってしまった様子がわかりろ。運用の手間の掛かるストーブ列車。痛みの激しい客車がいつまで使えるのか。とか、修繕の予算。とか、そんな問題を抱えつつ、今月いっぱいでストーブ列車は冬の運転を終了する。
2012年3月 大沢内~川倉

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。