【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

Railroad of Ihatov(春)


春はあたらしいイトナミが始まる季節。そして想い出がふえる時期だ。JR東日本は2011年7月の土砂崩壊から運休が続いた岩泉線に「鉄道での復旧を断念する」方針を開示。復旧費用は130億円の試算。気を使った表現だけど事実上の廃止表明。惚れ込んだ鉄路でもあり寂しさもあるが、岩手県と宮古市、沿線自治体との協議の経緯を見れば、正直「だろうなぁ」とも思う結果だ。あの震災が無くとも、回収目処のない赤字ローカル線に130億円の事業投資は決断しにくい。いや不可能だ。自治体も具体的な支援策を提示していない状況も負に動く。鉄道会社には公共的な役割が求められる。だから監督省庁があり、運賃の設定にも決まりがある。130億円くらい山手線の運賃を5%値上げするだけで賄えるでしょう。こっちは経済も疲弊しているんだからJRでカバー出来るはず。との考えたかもある。まあ、それも真理。かつて地方鉄道業者の中に、公共的事業であるのに高い運賃を取り、利益配当を良くしようとする事業者がいたそうだ。それを規制すべく地方鉄道法(大正8年法律第52号)21条 地方鉄道における運賃、料金の定め、変更につき監督官庁の認可を受けさせること。が制定された。で、JRとか大手私鉄で運賃が一律でない理由を調べてみたら、電気料金と同じく総括原価で算定されてるそうな。つまりは、もとより運賃に事業費もろもろ、利息や配当金などの事業報酬も折込済みなんですね。実際は「乱暴でも予算確保の方法はあります、でも法的な規制もあって、ウチも株式公開会社なんで越えられないモノがあるんです。」なんでしょうね。法的に廃止の手続きは簡単になっても存続のための支援は少ない。沿線自治体のスタンスもあるだろうけど、鉄道事業会社には震災復興への法改定が必要だと実感しています。
2004年5月 岩泉線 岩手和井内

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

地元への配慮と見せかけといて、
結果ありきの調査ですね。
JR東日本は株式会社、株主様への配慮もありますから、
と言い訳しています。
この調査内容からすると、日本の鉄道路線のほとんどが
運行不能になるような結果ですね。

荷4041レ | URL | 2012-04-03(Tue)00:57 [編集]


結局は

まいどです
 予想通りアチコチのサイトやブログで非難GO!GO!ですけど(汗)
 復旧にせよ廃線にせよ、一番邪魔なのは感情論でしょうねぇ

 零細とは言え事業主の立場から見たら『もっともらしい理由を探すのにまで無駄に予算使って・・・・』と言うのが率直なところ。
 アレだけの巨大企業になると、気の配り方も半端無いですなぁと、変なところで感心してみたり(汗)
 
 まぁ、いずれにせよ。
 民間企業が地域内公共交通の責任を負う直接の法的な義務などどこにも無く、杓子定規な解釈論を振りかざして金切り声で存続を求める口うるさい集団の大半が、普段は全く乗らないビジターだって辺りに岩泉線の限界を感じます。いっそ、岩泉線ファン倶楽部(仮称)なる団体を立ち上げて、カンパで復旧とか運行を図れれば、それはそれで興味深い結果になりそうですけどねぇ(笑)
 そんなに岩泉線が大事なら君らが頑張れば良いじゃない!みたいなスタンスで。結局のところ、文句言うだけならタダですし、自分の財布は開けたくないってのがミエミエですし(笑)

 鉄道はあくまで『移動手段』ですから、時代に合わせて変化して行く過程を見てるんだなぁと、そんな感じです。沿線自治体だって鉄道沿線以外の住民にも公平なサービスを提供する義務がある以上は鉄道ばかり優遇できませんしね。

 ・・・・で、まぁ(汗)
 趣味と言うか道楽的にはもうちょっと撮り込みたかったと思うのが正直な所ですけど。
 でも、そう思うなら早め早めに動けって事なんですよねぇ・・・・・
 

ふうらいぼ | URL | 2012-04-03(Tue)09:13 [編集]


覚悟は決めていましたが、実際に発表されるとねぇ。結局キハ110の時は一度しか行けなかったのが悔やまれます。2008年秋には行きましたが、2009年は、リーマンショックの不景気で弊社も一時帰休するくらいですので収入減でいけず。2010年に事故が起きてしまいました。

JR東も、岩泉線、三陸縦貫線、只見線の被災で全部復旧させたら幾らになるんだろうと言う感じなのでしょうが、鉄道が無くなると、過疎化が進むんですよね。そのことを分かっているのか沿線自治体は黙っていないようで、速くも達磨知事は反対を表明していますね。でも、復旧するほど金があるなら三陸に回せと言われるでしょうし難しい判断ですね。
まだ、希望はあるのかもしれません。廃止すると言っても実際には復旧を断念とかいてあり、時期も書いていない当たりがいやらしい感じです。

魔人 | URL | 2012-04-03(Tue)19:03 [編集]


たぶんそうなんけでしょうね

荷さん

岩手県は徹底反対と表明。独自の試算をすると岩手日報にありましたが、事業費を国庫金とJRから引張って340号の新押角トンネル整備が狙いかもしれませんね。まあ、裏ヨミですが何かしらのシナリオがありそうです。

風さん

そう思いますよ。岩泉線の年間欠損は2億円を越えてます。埋めは原価総括の運賃で賄ってるわけで、何処かの国の電力会社のような手法も可能だったりする。世論が許す、許さないではなく、企業としてのコンプラを守ってるのが現状でしょう。廃止の意思表明もその手順に従っていますね。震災の復興費用も鉄道専業会社のJRは自己資金で遣らなきゃならない。国の加護も補助もない。最後はツケを何処に廻すかって話でしかないですもん。行政の民間企業への依存度は異常ですよ。

zin | URL | 2012-04-03(Tue)19:14 [編集]


魔人さん

現実にどう向き合うかでしかない議論ですよね。結論は誰が金を出すってことでしかない。責任範疇とか瑕疵範囲とかでなく、どうやって前に進むかの議論がなされないのが残念です。

zin | URL | 2012-04-03(Tue)21:21 [編集]