【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

記憶の光景


いちめんのたんぽぽ。子供の頃、あたり前に見ていた記憶がある。少し前といっても40年も前の話ではあるが、東京23区でも練馬や世田谷、杉並といった近郊区には、畑や野原が広がっていた。春はになると蓮華に菫、たんぽぽがたくさん咲いていた。そう、まだ空も高くてひばりの囀りが良く聞こえた。たんぽぽに惹かれるのは、そんな記憶の印象からなんだろう。
2015年5月 嘉瀬

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おばんです。
自分も子供時代、板橋区で育ったんですがまだ畑とか原っぱとか結構ありました。自分もたんぽぽに惹かれるんですが、やっぱりそういった記憶故なのかな?と感じました。
しかしzinさんの表現する津軽はとても素敵です。

さすらいびと | URL | 2012-05-26(Sat)23:33 [編集]


うん、都心にもタンポポあったね。西洋タンポポのほうが多かったかな。お花畑のように咲くタンポポって、花輪線で見かけたなあ。

Shun | URL | 2012-05-27(Sun)18:57 [編集]


まいどコメントありがとうございます。

さすらいびとさん
たぶんですが、同じ年齢で同じ環境で育ったからかと(笑)同類何とやらとも言いますが(爆)
実は下のShunさん、歳は我々より若干若いですが青春時代を過ごした場所はオイラと同じです、なので、好むの傾向は同じです。しかも反応も同じだったりしますよ。
津軽には、まだ我々がガキの頃の風景が残ってるんですよ。

Shunさん
オイラが小学生低学年の頃は環八工事中だったぜ(汗)
なので、野原でした(笑)
タンポポ畑は秋田側かな?八幡平あたりでも見れたね。

zin | URL | 2012-05-27(Sun)19:59 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。