【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

マタギの里へ(秋)


善しも悪しもいろんなことが次々にやって来るモノだから、世の中なかなか落ち着かないし忙しない。度々のつまりは成る様にしかならないのだが、成せば成るという格言もあるので喘いでみたりする。覚悟次第で頑張り方も違うし結果もまた違う。成りようは変わるのである。他人の褌ではイカンのだ。秋田内陸線の新愛称は「あきた♥美人ライン」。何にしても口にするのが気恥ずかしい愛称は微妙かと。営業収支を見れば自立経営は壊滅的な状況で、自治体の支援を受け続けるためには、年間経常損失を2億円以内に収めるお約束がある。2億円なら補填してあげるよ。赤字容認なゆとり経営ではなく、鉄道事業は既に破綻しているのが現実なのである。燃料費の高騰、除雪威容の増加、社会環境、自然環境ともに向い風。さらに費用はかさむ。2012年度は存続支援の最終年度。歴史を見れば天災と経済恐慌を理由に消えた鉄路は数多い。そこで頑張り方も色々あるだろうけど、減便、人切、国庫金の助成制度は使いきりでは、未来も成る様にしかならない。錦の鉄道情景を純粋に楽しめなかったマタギの里秋。
2012年10月 秋田内陸線 戸沢

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する