【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋と冬の間に(五能線)


つぎつぎに流れ行く雲が空を被い尽くした。空を写した海は色を無くす。それはもう冬の色だ。やがて厚くなった雲から大粒の雨が降りだす。陽射をなくした風はますます冷たく、一雨ごとに秋が深まる様を見せている。これを繰返して氷雨になり、やがて冬がやって来るのだ。そうなるまで、然程の日数は掛からない筈だ。バッサーン、 バッサーンと打寄せる波の飛沫が舞っていた。
2012年10月 五能線 岩館

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。