【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古老


いまや冬の津軽を象徴する存在となったストーブ列車。列車の先頭に立つのは、おそらく営業運転を行うディーゼル機関車としは最古参のDD35型。ロッド駆動という古典的な走行装置は、雪原にカランカランと独特の音を響かせる。手間の掛かるディーゼル機関車を維持する理由は観光集客のため。DDが走らないとお客さんが減る。代替機関車の噂もあるが、その存在はストーブ列車に欠かせなくなっている。
2014年1月 ストーブ列車車内

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。