【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

季節はすすむ


この夏の猛暑は、きっと何処までも続く残暑になると思っていたが、夏は暑さの欠片も残さずあっさり過ぎ去った。トンボが飛び交う田圃、暦の上ではもう秋、湊線沿線では稲刈りが始まっていた。
2015年9月6日 中根

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
今日もお写真を楽しませて頂きました。
酷暑の夏、書かれていますように厳しい残暑を想像していましたが、気付けばあっさりと夏は終わり、夜には涼しい風が吹く季節になりました。
大雨などまた今までにないような激しい自然災害も起き心配が続きますね。
国鉄のあった時代の車両のデザインは、日本の各地の原風景、里山の景色や農作業の様子に本当に似合います。それが、単に見慣れているだけなのか、失われつつあるものへの憧れなのか、自分でも分かりませんが、強く惹かれるものがあります。
この鉄道にも、JR東海から新しい世代の車両が移ってきたと聞きました。
もうこのような光景は見られなくなるのかもしれません。
これからも、記事を楽しみにしています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

風旅記 | URL | 2015-09-22(Tue)19:40 [編集]


レスが遅くなり申し訳ございません。
ここ、ひたちなか海浜鉄道沿線も東日本大震災で街並が一変しました。変わらぬように見える田園風景も休耕田が目立ちます。風景もまた今を反映するものなのですね。また鉄道も同じ事なのでしょう。道産子キハが走るのも、もう、ごく僅かな時間なようです。

zin | URL | 2015-09-28(Mon)21:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。