【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

DFの記憶(13)-紀勢本線(波田須にて)






波田須駅は熊野灘の急峻なリアス地形の入江にある無人駅、集落は入江の高台にあり、駅との高低差が凄い。今も昔もこれだけは変わらないようだ。それでも、駅までの往復が大変なだけで、決して秘境駅ではない。狭いホームの背後はみかん畑、もちろん、駅前に広場は無い。駅から国道沿いの集落までは、ホームと同じ幅の急坂が続くだけ。地方幹線のへんぴな駅、棚田にみかん畑、そして熊野灘。ここには紀勢本線らしいロケーションが詰まっていた。再びこの地を巡ってみようか。そんな気持が高まっている。
1978年3月 紀勢本線 新鹿~波田須 PENTAX MX M50mm f1.4 Try-X

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する