【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・


雑司ケ谷は江戸時代に鷹狩りが行われた地。将軍家の鷹匠が住み、御鷹部屋があった場所は雑司ケ谷霊園になり、夏目漱石、永井荷風、竹久夢二、いずみたく、など江戸時代から平成の著名人達が、静かな眠りについている。鷹を使って狩猟する鷹匠は、戦後みるみる姿を消していったそうだ。伝統的な狩りでも鷹匠は、鉄砲と違って生きている鷹を狩りに使う、訓練と飼育、生業にするには面倒な手順が多いし、鉄砲の方が効率的なのは明らかな事実。新しい道具は物事のあり方を変えていく。道が広くなって、町並みが変わって、ちんちん電車が新しくなって、色んなモノが新しくなって、この街のあり方も変わって行く。
2010年12月 都電雑司が谷停留所 D700 AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mm F4.5-5.6G

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する