【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

雪国


国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。清水トンネルを抜けると小説「雪国」の書き出しを実感する。上越線にEF16や181系が活躍していた頃、水上より先の積雪は2mを越える雪国。線路の雪壁は3m近くなり、激しく降り続く雪にホームの除雪が間に合わず、ドアが開くと雪の壁だったこともあった。そんな天候でも、止まることなく運行を続ける列車に鉄道の頼もしさを感じた。
1979年2月 水上~湯檜曽 PENTAX K2 SMC P135mm f2.5 Try-X

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する