【鉄琴線】鉄路の情景OneShot!

今日も何処かで。ガッタン、ゴットン・・

冬の藍(その2)



今年はの津軽は雪が少なかった。偏西風が下がっていたせいか、地吹雪に出会う事もなく春になりそうだ。日没から数分訪れる藍い時間。厳寒の時期に見れる事は稀なのだが、どうやら、滅多にない天候は、滅多にない光景を見せてくれたようだ。
2017年1月

PageTop

冬の藍



寒々とした藍が、だんだんと濃くなる北国の夕暮れ。たとえ灰色の空でも、冬の帳はモノクロームではない。しんしんと冷え込むその時は、街の灯りがやたら暖かく、優しく、そして、羨ましく見えてくる。帰る場所があるから人は旅に出る。雪国の蒼い時は、なかなかに感慨深い。
2013年2月 奥羽線弘前駅

PageTop

冬の津軽平野



冬の津軽と言えば、鉛色の空に地吹雪。津軽平野に雪降る頃におどう独りで出稼ぎしたく。昭和の印象は薄くなったが、ストーブ列車は、冬の津軽観光に欠かせない存在。観光資源の役割を担って久しいが、地吹雪を物ともせず進むその姿は、古里津軽そのものなのかも知れません。
2016年2月

PageTop

津軽鉄道冬景写真展


昨年からのご縁が続き、この冬は鰺ヶ沢で個展開催中です。お気軽の御出で下さい、お近くにお出かけの際に、などなど、津軽在住の方々以外には、なかなか気軽にお声掛けできませんが、今年の津軽は驚くいほど穏やかな冬となっております。五能線の旅、わさおのモフモフついでにお立ち寄りくださいませ。


PageTop

走り去る者たちへ



車体更新がされてはいるが、その中身は国鉄が設計・製造した交流直流両用特急形485系電車。日本中を走りまわった仲間達も、波動用に僅かな編成が残るだけ。日本中を走り回った特急車両も、L特急の呼称と共に昭和国鉄の残香になったようです。
2015年3月信越本線米山駅

PageTop